与那国島西崎

撮影日:2012年9月13日

日本の最西端、与那国島の西崎(いりざき)です。太陽が海に入るので「いりざき」。ちなみに東崎は「あがりざき」です。天気がよいと台湾が見えることもあるそうですが(見えませんでしたが)、最西端ったらやはりサンセットでしょう。この丘の入り口あたりは日が沈むと車の場所が分からなくなるほど真っ暗になるので、天体観測には最適です。

本当は真っ赤な夕焼けで撮りたかったんですが、天気がイマイチだったのと、最西端の碑がまた適当なロケーションに置かれていたので、海は意識せずレンズフレア中心の幻想的なアレンジとなりました。もう少し空を入れられたらバランス良くなったんですけどね~。