日光の神橋

撮影日:2013年12月28日

日本三奇橋が一つ、日光の神橋です。刎橋(はねばし)と桁橋(けたばし)の中間的構造のような変わり種ですが、見た目にはただの赤い橋です。現存する三奇橋シリーズの中では最も普通の橋に見えますが、日光東照宮の前にあるという理由で世界遺産の箔がついているのは何とも卑怯な感じがしますw。一応刎橋であることから、橋桁の中には甲斐の猿橋のような瓦屋根付きの梁が隠されており、むしろそれを見せてほしいとこですね。

ぶっちゃけ写真を撮るにあたってのロケーションは最悪で、あんまりいい写真は撮れませんでした。背景がショボイのでモーションぼかしで飛ばしつつ、橋の赤だけをグローして強調しています。