甲斐の猿橋

撮影日:2013年12月23日

日本三奇橋が一つ、甲斐の猿橋です。現存する唯一の純粋な「刎橋(はねばし)」で、特徴は何と言っても橋桁の下に幾重にも連なる瓦屋根でしょう。これは刎橋構造のキモとなる柱を雨による腐食から防ぐために設けられたものですが、単純に「カッコいい」モノとして割り切ってもいいのではないでしょうか。実際カッコいいですよね。

この写真なんですが、どうやって加工したのか記憶があやふやですw。コピーレイヤーを輪郭抽出して元画像と「明度」で結合し、それをさらにガウシアンぼかししたものを更に元画像に対して「乗算」で重ねた、ような気がします。どうやったのかはあやふやだけど、何か説得力のある色合いになりました。ま、いいんじゃない?